乾燥肌 シミ

乾燥肌はシミケアが難しいって本当?

しっかりとした保湿や手入れが大切です

 

思春期に入る前から、シミと鼻周りの毛穴が気になっていました。

 

小さな頃から宵っ張りだったせいか、小学校高学年になるころには既にイチゴ鼻デビュー。

 

肌の白いは七難隠す、と言いますが、私にとっては肌が白いは七難見せるで、日焼けしていればこんな毛穴は隠れるのでは?とばかり考えていました。

 

乾燥肌のシミ対策方法

実際、日焼けをしている方がシミや毛穴は目立たないと、今でも考えています。

 

中学生になってからは、気にして化粧水パックをしたり、角栓パックをしたりしたのですが、効果が出ることはなく、お手上げ状態で泣いていました。

 

高校に入ってからは化粧で毛穴を誤魔化すことを覚え、他人にすっぴんを見せないようにしました。

 

大学にはいってからも、必死に化粧で毛穴を隠していました。

 

しかし、恋人ができたことで化粧で毛穴を隠す生活に終止符を打たなければならなくなりました。

 

だって、恋人になったらいつかはお泊りですっぴんを見せなきゃいけませんよね?

 

そこで、私は先に社会人になってエステを習っていた友達に、アドバイスを貰いまに行きました。

 

その内容は、週に一度はホットタオルパックをし、し終わったら必ず丁寧に保湿することでした。

 

もともとホットタオルを目に乗せるのが好きだったので、これは苦がなく出来ました。

 

ラップで包んで温めると温度が長く持つというアドバイスを参考に、濡らしたタオルをよく絞ってからコンビニ袋にいれて温めてから使いました。

 

この方法ならラップで包むよりも手間がかからないし、温度の持ちもただお湯で濡らしたのより格段に良くなります。

 

これをやっているおかげか、最近は毛穴が気にならなくなってきました。

 

無理に取ろうとすると逆効果ですよ!

 

乾燥肌のシミ対策方法

20代後半くらいから、生理前後の吹き出物(特にあごの辺り・口の周り)に悩んでいます。

 

一度、手で潰してしまったら、1センチくらいの大きなシミが出来てしまって…!

 

とてもショックでした…シミも簡単に消せたらいいのに…。

 

あと、30代になって、小鼻の毛穴の黒ずみや角栓が気になります。

 

イチゴのようにブツブツした感じになってしまって、出かける時はファンデーションやマスクで顔を隠さないとちょっと恥ずかしいです。

 

あと、冬は全身(特におなか・背中・あし・かかと)が乾燥するので、ボディクリームを塗らないと、かゆくなってしまうのも大変です。

 

面倒くさがり屋であまりスキンケアに時間をかけたくないので、簡単にできる方法を知りたいです。

 

 

現在のお手入れ状況

 

吹き出物には、オロナイン軟膏を塗って、潰したいけど、我慢しています。

 

小鼻は最近ネットで調べて、オロナイン軟膏と毛穴パックをしました。

 

オロナインを塗って、ぬるま湯で洗い流してから、毛穴パックをするというものなんですが、簡単なのにすごく角栓がとれてびっくりしました。

 

ネットで吹き出物の事を調べた時、オロナイン軟膏でも治ると書いてあり、たまたまオロナイン軟膏が家にあってので、吹き出物に塗ったら、結構すぐに治ったので、よかったです。

 

小鼻の角栓を取るにもオロナイン軟膏がいいとネットに書いてあったので、オロナイン軟膏はお手頃な価格だし、いろいろ使えていいかもしれません!

 

あと、体にはメンソレータムADとワセリンを1日おきに塗っている感じです。

 

ワセリンは安いので経済的かと思って。

 

かかとにはリップクリームを塗るといいと思います。

 

シミはなるべくシンプルな成分の化粧水を定期的にたくさんつけて保湿すると、少しずつ薄くなっていったような気がします。

 

関連ページ

肌トラブル口コミ|混合肌・普通肌編
混合肌・普通肌の女性に現在抱えている肌トラブルについて語って頂きました。該当の肌質ならではな悩みや解決法のヒントが載っております。